浮気調査に強い探偵事務所|口コミ・料金を元に比較!

浮気調査に強い探偵事務所|口コミ・料金を元に比較!

優良探偵事務所の見分け方

日本には、全国で3,000以上の探偵事務所・興信所がありますが、中には相談者の心を踏みにじるような悪徳業者がいるのも事実です。浮気調査を考えている方は、以下のポイントを押さえて、しっかりと運営されている優良の探偵事務所に出会ってくださいね。

探偵事務所について

探偵業届出をしているか

探偵業届出

探偵業を行うためには、事務所を構える各都道府県において「探偵業届出」を行わなければならず、また届出していることを相談者に対して公開しなければなりません。


この届出をきちんと行っている場合、各都道府県の公安委員会から届出番号を取得することができます。

ですから、依頼する探偵事務所のHPや事務所においてこの届出番号を公開していない探偵事務所は、違法営業または悪徳である可能性があります。

事務所は実在する所在地か

探偵事務所の所在地

探偵事務所のホームページに掲載されている所在地が、実在する場所かどうか確認しましょう。

違法営業をしていたり、詐欺目的で探偵事務所と名乗っている場合には、営業所の住所が実在していない可能性があります。

所在地の確認をするためには、近場であれば実際に尋ねてみるというのが一番確実ですが、その他にもNTTの電話番号案内「104」で確認する、Googleマップなどを使って所在地を確認するといった方法もあります。


また、相談時の場所に、営業所ではなくファミレスやカフェなどを指定する場合、相談者の負担を軽減するために行っている探偵事務所もありますが、営業実態がないために公共の場所を利用するという探偵事務所もあります。

その時には、「公共の場所だと話しづらいので、営業所で相談したいです」と場所を相手のオフィスに指定しましょう。

これを受けてもらえる場合は大丈夫ですが、受けてもらえない場合には悪徳業者の可能性が高いです。

調査料金は明朗か

調査料金

有料の探偵事務所の場合、浮気調査でかかる費用の総額と内訳を、明確に相談者に対して提示しています。

ホームページで料金体系が明確に記載されている、相談時にきちんと説明してくれる探偵事務所に浮気調査を依頼すると安心です。

料金についてきちんと説明をしない、曖昧にする、追加料金の有無や内容を言わない探偵事務所は、先に提示する金額を安くし、後から追加料金として高額な調査費を請求する場合がありますので、注意しましょう。

スタッフ・調査員について

話をしっかり聞いて、わかりやすく説明してくれるか

スタッフは話をしっかり聞いてくれるか

浮気調査にとって大切なのは、相談者の話をよく聞き、その情報を参考にして調査を行うということです。

ですから、相談者の話をしっかりと聞くことは、探偵事務所にとっては浮気調査の第一歩と言うことができます。


優良探偵事務所では相談者の話をしっかりと聞き、浮気調査についての説明も分かりやすく丁寧に説明してもらうことができますが、優良とは言えない素人探偵や悪徳探偵事務所の場合、すぐに契約の話をしたり、専門用語を多用してきちんと理解できないうちに契約させてしまうということもあります。


探偵事務所に浮気調査を依頼する時には、相談者が安心して依頼できるというのも大切なポイントです。

親身になってくれる、そして明確で分かりやすい説明をしてくれる所を選びましょう。

強引な営業はしないか

強引な営業

優良探偵事務所では、浮気調査の相談に来た人に対して、強引な営業はまず行いません。


強引に無理矢理勧誘をしなくても自然と契約が舞い込んできますし、相談者に対して不快な思いをさせることは悪い口コミが広がることになるなど、探偵事務所にとってデメリットしかないからです。


逆に、強引な営業をする探偵事務所は、自分たちの調査技術・信頼性では契約を取ることができないということですから、優良探偵事務所と言うことはできません。

浮気調査は決して安い金額ではありませんから、相談者にもきちんと考える時間を与えてくれる優良探偵事務所に依頼することをおすすめします。

違法な手段を勧めてこないか

違法な手段

探偵はパートナーや浮気相手の個人情報に踏み込んで調査を行いますが、これは浮気調査などの正当な理由があれば必要な行為として、探偵業法第2条で定められています。


しかし、調査だからと言ってどんなことでも行って良いという訳ではありません。

下記のような違法行為を勧める探偵社には、絶対に依頼しないようにしましょう。

  • 盗聴器を仕掛ける
  • 浮気相手や別宅の合鍵を入手する
  • 特定の人物を中傷するビラを配ったり、会社に送る
  • 特定の人物の勤務先に浮気していることを暴露する怪文書を送る
  • 特定の人物を社会的に抹殺する など

契約書について

契約書は中身を確認し、大切に保管

契約書の確認

浮気調査を依頼するとなったら、探偵事務所が作成した契約書へのサインが必要となります。

契約書は細かく様々な規定が書かれているため、「いちいち読むのは大変!」とよく確認せずにサインしてしまう方が意外とたくさんいらっしゃいます。


でも、実は悪徳探偵事務所では、相談者に良いように話をして、契約書内には探偵事務所が得するような内容に書き換えられていることもあるのです。

ですから、契約書の中身は、面倒かもしれませんがきちんと確認することが大切です。

また、契約書は契約前に交付して相談者に説明する「契約前書面」と、相談者との契約内容を明確にする「契約後書面」とがあります。

どちらも大切な書面ですので、必ず相談者控えを受け取り、自宅で保管しましょう。

契約前書面で確認する項目

契約前書面は、探偵業法第8条第1項で以下の内容が記載されていなければならないと規定されています。

最低限、これらのことが書いてあるか確認しましょう。

  • 1.探偵業者の商号、名称、氏名、住所、代表者の氏名(法人の場合)
  • 2.「探偵業届出証明書」に記載されている事項
  • 3.個人情報の保護に関する法律、その他の法令を遵守するものであること。
  • 4.秘密の保持に関すること。探偵業務に関して作成した文書・写真等の不正利用の防止に必要な措置に関する事項
  • 5.提供することができる探偵業務の内容
  • 6.探偵業務の委託に関する事項
  • 7.探偵業務の対価その他の当該探偵業務の依頼者が支払わなければならない金額の概算額及び支払時期
  • 8.契約の解除に関する事項
  • 9.探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関する事項

契約後書面で確認する項目

契約後書面は、探偵業法第8条第2項で以下の内容が記載されていなければならないと規定されています。

契約前書面同様、これらのことが最低限書いてあるか確認しましょう。

  • 1.探偵業者の商号、名称、氏名、住所、代表者の氏名(法人の場合)
  • 2.探偵業務を行う契約の締結を担当した者の氏名及び契約年月日
  • 3.探偵業務に係る調査の内容、期間及び方法
  • 4.探偵業務に係る調査の結果の報告の方法及び期限
  • 5.探偵業務の委託に関する定めがあるときは、その内容
  • 6.探偵業務の対価その他の当該探偵業務の依頼者が支払わなければならない金銭の額並びにその支払の時期及び方法
  • 7.契約の解除に関する定めがあるときは、その内容
  • 8.探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関する定めがあるときは、その内容